あざのレーザー治療

あざのレーザー治療

生まれつきのあざでお困りの方は多いと思います。
成長とともに薄くなっていくあざもあれば、成人になっても消えないあざなど、色や症状など様々なあざがあります。昔はあきらめる事しかなかったあざですが、近年ではレーザー治療により、キレイに治療が可能になりました。健康保険が適応になりますので、気になる方や、あざを消したい方は一度ご相談ください。遅くなって治療が出来ないという訳では有りませんが、出来るだけ早い診断と治療をおススメします。
当院では、最新のレーザー設備を整えており、経験豊富なドクターが治療を行います。
また、大学病院とも連携しスムーズな治療を可能にさせて頂きました。

赤あざ

赤あざは皮膚の血管が拡張や増殖等の異常によってできるあざです。
様々な種類があり、「いちご状血管腫」「単純性血管腫」「サーモンパッチ」「毛細血管拡張症」などがあります。症状にもよりますが治療が早ければ早いほどキレイになる為、早期受診をおススメします。

黒あざ

黒あざは最も出現する頻度が高いあざで、色素性母斑と言われています。
外見は黒色で、平らなものから盛り上がりのあるあざまで様々です。

青あざ

青あざは、「太田母斑」「蒙古半」「異所性蒙古斑」を指します。
うすい色の場合は徐々に色が抜けていきますが、濃いものは成人になっても残る場合があります。

茶あざ

茶あざは、褐色のあざの総称で、いくつかの種類のことなるあざをひとくくりにしています。
「扁平母斑(先天性と遅発性)」「カフェオレ斑」「ベッカー母斑」などです。昔は治療が難しかったのですが、現在ではレーザーでキレイに治療することが可能になりました。